ミッチェル・ガント     Mitchell Gant

職業:元・空軍パイロット。現在は、何をやっているのか分からない与太者。ベトナム戦争時に、名うてのパイロットとして活躍したが、撃墜され、捕虜になってから以後、その事がトラウマになって、何も出来ないヘナヘナ状態で生活していた。ある日、アメリカの某組織から、ソ連のスーパー戦闘機・ミグを盗んで欲しいと依頼を受け、自分のトラウマを克服するにはイイ機会だと思い、承諾。ミグを操縦する訓練等を経て、ソ連へ潜入。地下組織の力を借りながらも、見事、ミグ31・ファイヤーフォックスの強奪に成功する。逃走後、2号機に追跡されるも、自前の判断力と的確な操縦テクニックで、2号機を撃墜し、同時に自分が抱えていたトラウマをも克服して、母国アメリカへ返り咲いた。当時の米ソの冷戦を脅かす事件だった訳だが、その後、両国が戦争に突入したというニュースは、未だに伝わってこない。あんな屈辱を味わって、黙っているソ連は、なかなか人がイイ人種の集まりとみたが、それから数年後、ソ連国自体が崩壊してしまったので、報復する事は出来なかったよだ。

登場作品:『ファイヤーフォックス』(82)

 

 

デイヴ・ガーランド   Dave Garland

職業:DJ。深夜のFM局の人気ディスク・ジョッキーである。好みの曲はジャズ。そんな彼の元には、電話によるリクエスト曲が沢山かかってくるが、毎夜エロール・ガーナーの「ミスティ」をリクエストしてくる女と、映画監督がバイトでバーテンをやっているおかしな酒場でバッタリ出逢い、意気投合。そのまま一夜を過ごした為に、恐ろしい体験をする、ストーカー被害者第1号。まさに、一夜の夢が悪夢に変わった訳だが、その女ストーカーによって、仕事も手に付かなくなるワ、家に押し掛けられて部屋をメチャクチャにされるワ、挙げ句の果てに恋人の命も危険にさらされるに及んで、遂に直接対決。それまで、女と思って甘くみていた彼が、最後の最後で、殴り倒した果てに海に突き落とす暴挙に出るが、まぁ、どうみても正当防衛だと思うが、あのままDJを続けられたかどうかは、不明。取り敢えずその事件以後、彼の番組では、例の「ミスティ」は放送禁止になったとか。エロール・ガーナーもエラい迷惑である。

登場作品:『恐怖のメロディ』(71)

 

 

レッド・ガーネット    Red Garnett

職業:テキサス州・保安官。テキサス刑務所から脱走し、7歳の少年を誘拐して逃亡を続けるブッチを追って、何とか彼を、もう一度刑務所に送り返そうと躍起になる。周囲は、ブッチを殺そうとしているが、それには絶対に反対している、囚人にはとっても、話の分かる人。それは、昔、囚人だった事があるから、という噂もあるが、定かではない。彼の願いも空しく、ブッチは射殺されるが、ブッチが楽園=パーフェクト・ワールドに召された事を知っているのは、このレッドだけである。

登場作品:『パーフェクト ワールド』(83)  

 

inserted by FC2 system